派遣社員から正社員になれる確率は?

派遣社員から正社員になれる確率は?

派遣社員から正社員になれる確率は?

派遣会社で取り扱っている求人には一般派遣と紹介予定派遣があり、紹介予定派遣は一定期間派遣社員として勤務したのち、クライアント・スタッフの合意があれば正社員になることを前提とした働き方です。どちらかが合意しなければ、正社員へなることはできず、派遣期間の終了とともに契約終了となりお仕事自体がなくなってしまいます。では一般派遣で働いて「この企業なら正社員で働きたい」と派遣社員が思ったときにどのくらいの確率で正社員になれるのでしょうか。クライアントは基本的に正社員を雇う余力がないから、もしくは正社員に任せるような仕事ではないからということで派遣会社にスタッフを依頼します。ですからもともと正社員で雇用する意思はないということになります。例外的に勤務態度や仕事ぶり、人柄が評価されて正社員でなくてもアルバイトや契約社員として直接雇用になることもありますが、その確率はほとんどないと思っておいたほうが良いでしょう。「最初は派遣社員でも評価されれば正社員になれるかも」という考えで派遣社員として働き始めるのは今のご時世ちょっと厳しいかもしれません。直接雇用するということは保険料や賞与などがクライアント負担となるので、それを避けるために派遣社員を利用しているという前提があるからです。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ